デジタル一眼カメラの光学部品

企業の理念、倫理に沿った管理体制

企業では、規模が大きくなると経営資源も増加していきます。
管理体制を意識しないで事業を拡大することは、組織内で歪みが生じて生産性も低下していき、対処すらできない事態になりかねません。
スムーズに業務を遂行させるためには、管理体制が大切になってきます。
新亜光学工業は、優れた品質管理のためのスタッフ一人ひとりが高い意識をもっています。
常にクオリティーをあげるための開発と研究、厳しい検品、温度を一定に保てるシステムを導入した製品の管理、輸送のための物流専門のチーム。
会社が大切にしている規範や信念に基づいてこれらをうまくコントロールするための仕組みを整えることは、スタッフが正しい行動をとるための基盤となります。

クオリティーの高い製品

新亜光学工業の代名詞といえば、光学レンズユニットです。
豊富なノウハウや専門性の高い技術や製造技術でレベルの高い光学レンズユニットを開発しています。
光学機器のデジタルカメラ・監視カメラなどに採用されています。
優れた部品をたくさん生産しています。
レンズの絞りを自動で調整して適正な露出を決定してくれるオートアイリス。
自動ではなくデジタル制御したステップアイリス。
カメラのレリーズ時に、シャッターを動かすシャッターユニット。
撮影する時に、被写体が遠すぎたり近すぎたりする場合に、カメラのレンズと距離を調整する必要な鏡筒。
他にも、カメラを製造する時の各種ケーブル、太陽電池パネル、IRフィルター・ND フィルターなどがあります。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top